一気に脱毛を済ますことで、肌への負担が軽減される

広範囲の照射により痛みを抑える

全身脱毛は広範囲への処理になるので、肌への負担が大きいと考える人が多いですが、使用するマシンは部位脱毛のときと違いはありません。むしろ全身脱毛は一気に処理するので、脱毛回数を抑えるために好都合です。最近の全身脱毛は1日で全身に照射できるタイプが増えており、これは照射時間が昔と比べて短くなっているためです。当然ながら照射時間に比例して肌ダメージは変化します。

照射時間の短縮を可能にした秘密は、脱毛機のヘッド部分の拡大にあります。ヘッドが大きくなることで照射面積が増え、一度に広範囲を処理できるようになりました。それにより痛みも分散されており、現在は肌質に関係なく処理できるようになったのです。ただし火傷や過度の日焼けなどの症状がある場合は受けられないケースがあります。

肌をゆっくりと休められる全身脱毛

全身脱毛は一度に全身の脱毛をするので、次回の処理は2~3か月ほど先になります。部位脱毛だと今週はワキ、来週は腕などと分ける必要性が出てくるので、処理回数が増えてしまうのです。エステサロンでは脱毛後に保湿をしてダメージを鎮めてくれますが、肌が丈夫でない人であれば数日ほど敏感肌が続くことがあります。

全身脱毛なら2~3か月に1回でよいので、その間に肌ダメージを解消できるのです。さらに全身脱毛は自己処理を不要にするメリットがあります。自宅でシェービングやワックスで処理している人は少なくありません。これらの自己処理は肌に刺激を与えて、敏感肌に傾けてしまう可能性があるのです。肌がダメージを受けやすい人ほど、全身脱毛を受けるメリットが大きいわけです。